<   2006年 07月 ( 14 )   > この月の画像一覧
先週末は
土曜日の突発ZGつまみ食いraidでQ肩を、
日曜日のRoAQではhiltを頂けたので遂にコレを入手することができました。
hiltはdruidの方がrollを辞退してくださらなかったら
負けていたと思われます…改めて感謝。
ということで
b0039025_9414068.jpg

こうなりました。
シャモジからフライパンに持ち替えた感じ…
heal+をこれでグンと稼げるようになったので
neck、cloak、ringもやっと他のモノに変えることができそうです。
[PR]
by banock | 2006-07-31 09:57 | WoW
育ってますね
WPLにあるhearthglenというscarlet crusadersのアジトには
某Qで関わるfording親分(息子)がいます。
以前は普通の人と同じか、少し背が高かった位なのですが
b0039025_21195061.jpg

なんか育ってしまったようです…
大きすぎですね。
[PR]
by banock | 2006-07-26 21:20 | WoW
今週もrogue
priestは大きな変化もなく、play時間もrogueの方が長いため
やっぱりrogueのことしか書くことがない訳ですが…

武器のenchantが済んだので、rendさんのsword setから
持ち替えてみました。
enchantは右手にlifestealing、左手にagi+15を。
IFでWTSしてる人に付けて貰ったのですが
tipの金額で微妙な駆け引きが…w
たまにだとああいうのも面白いかも。
で、持ち替え自体は地味ながら効果があったようです。
shamanやhunter等のmail classを相手にしたときに
違いが結構分かりました。
plate classではさすがにあまり効果が分からず…
これはもうengにしてdeathrayを取らないと無理かも。
まあ、engにするかどうかは1.12を見てから決めようと思います。

そういえば
[PR]
by banock | 2006-07-25 22:33 | WoW
new!
日曜日、guild chatで
「guild tabrd変わってますね」
とのことだったので、早速試着。
b0039025_21243930.jpg

priestは基本的にtabardを付けないのでrogueで撮影。
これまでの青地から赤へ、縁取りも単なるラインではなく模様仕立てに。
guild内での評判も概ね好評のようです。
rogueの装備に割りと合っているので、AD tabardから乗り換えることにします。
[PR]
by banock | 2006-07-25 21:28 | WoW
Healing+
御同輩priestさんのblogでhealing+についての記事があり
そちらに触発されてちょっとメモ代わりにまとめてみました。
自分自身ちゃんとまとめたことなかったので…

装備やtalentによるhealing+は本来なら最大heal量を
上げるだけの効果しかありません。
ただ、それに伴ってhealing+がないときのheal量を保ちつつ
使用するspellのrankを落とすこと(使用spellのderank)が可能になります。
derankによるメリットはただ一つ、
「一定heal量に対する使用manaの絶対量減少」です。
mana効率云々もよく言われますが、効率がいくら良くても
絶対heal量が少ないと使い物になりません。
derankの例として頻繁に挙げられるHeal(Rank 2)は
そのバランスがとてもいいわけです。

で、Heal(Rank 2)が非常に「有名」なせいか、FHやrenewのderankを
していない方は意外に多いような気がします。
特にFHはmana効率が非常に悪いため、最高rankのものと
それより1~2低いものを混在させて使うだけでも
格段にmanaもちが変わってきます。
heal spamが必要な場面は別ですが、常に全力でheal!ではなく
緩急つけるのが大事ということですね。
その辺の流れを読むのがhealerの醍醐味であり楽しさだと思います。

あと、healing spellのderankはhealing+が一般で言われている目安に
達していなくても十分使えるtipsです。
要は「自分のheal能力とraidが必要としているheal量」を見極められるかどうか。
healing+は、実戦で使用に耐えるspellを増やすことで
それを多少容易にしているに過ぎません。
int重視、healing+重視、mana rgn重視と様々なpriestの方がいますが
それぞれ得意・苦手とする場面というものがあるので
皆が皆同じスタイルだとそれはそれで困る気がw
結果的にそうなるなら問題はないと思いますが…
まあ自分に合うスタイルを見つけるというのも楽しみの一つですね。
そういう意味では色々試してみるのはいいことだと思います。

そうそう、healによるthreatは戦闘開始直後はともかくとして
それ以降は気にしなくて平気だと思います。
戦闘中にfadeで剥がれないような場合はhealerよりも
grpやraid全体に原因があることが多いですね。


と、長々&エラそうに書いてきましたが自分がまだ精進の道半ばですので
自分自身に言い聞かせている感じで…
なんかhealing+についてじゃなくて
単に個人的なhealer観を書いただけのような気がしますが
気のせいだということにしておいてください。
[PR]
by banock | 2006-07-19 00:53 | WoW
rogueについてあれこれ
・new talent
やっぱりと言うか、前回の案に変更が入りました。
hemo取得に前提talentが設定されたりと、パッと見だけでも違いが分かります。
その中で地味に強烈になっているのがcombat treeのmace spec。
他の武器だとweapon skillを上げるtalentはtier6にあるのですが
mace specはtier5にあり、従来のstun付与に加えて
weapon skillも上昇します。
5pts必要なことを考慮しても、tierが浅い分ptsに余裕ができていいですね。
まあ、俺はやっぱりhemoを主軸に据えていく予定なので取りませんが
combat maceとかも面白そうですね。

・武器
俺のrogueはaltなため、基本的に20man以上のraid zoneには行けません。
それでもarmorはdarkmantleとPvP両setのお陰で
とりあえずはBGででも不自由はしません。
ただ、問題はやっぱり武器の方で
現在使用しているrendさんからのsword setだと最後削り切れなくて負け、
ということが結構あります。
なんとかできないかと思い、以前raid leaderのご好意で終わらせることのできた
The Perfect Poisonのreward、Ravenholdt Slicerを右手に、
AVのvendor rewardであるThe Lobotomizerを左手に
持ってみることにしました。
これでatk pow自体は多少下がりますが、火力は多少なりとも上がるはずです。
enchantが済んでいないので実戦投入はもう少し後になると思いますが
考えた通りにいってくれるといいなあ。
見た目で左右のバランスが著しく崩れるのが問題ですがそれには目をつぶりますw

・profession
上の火力不足とも関連するのですが、ちょこちょこBGに行っていると
engineerの各種itemがあればなー、と思う場面が結構あります。
現在herbalist&skinerなので、もしengを取るとすればskinningを
捨てる感じでしょうか。
上記の武器持ち替えがあまり上手くいかないようだったら
思い切ってengneerにしてみようかと思います。


wowのシステム的にalt故の制限みたいなものがどうしても存在してしまいます。
ただ最近はその制限の中で色々考えるのが楽しいので、
altと言えど元メインキャラ、できるだけ手を掛けてこうと思います。
[PR]
by banock | 2006-07-18 23:11 | WoW
名誉timbermaw民
最近、raid以外での活動がrogueメインだったので
すっかり忘れていましたが
priestでのtimbermaw rep上げ(honoredまで)を
片付けちゃうことにしました。
friendlyの2,000位で止まっていたので残り4,000でダルいなーと
思っていたのですが、今回は現地でgrpを組めました。
lv58のmageの方だったんですが、水はくれるし
exp入るからとturn in用のitemを譲ってくれたりと正に理想の相手。
voice emoteを多用する人で、単純作業の繰り返しも楽しく続けられました。
そんな訳でサクサクとrepも上がり、
b0039025_2234272.jpg

晴れて名誉timbermaw民に。
これでweaponに+15agiのenchantをできるようになったので
timbermawのrep上げは終了です。

turn inが終わった後、fomulaを買い忘れてguildyのhelpに行っちゃったので
今日のserver down前に買いに行ったんですが
ふと昨日の狩場を覗いてみたら例のmageの人がいて
またちょっと付き合ったり…
今日はruneclothをしこたま頂きましたw

で、クマ繋がり
[PR]
by banock | 2006-07-18 22:05 | WoW
遂に!
T1のrobeを頂くことができました。長かった…
b0039025_19214759.jpg

やっぱりrobeがあって初めてMCedに見えるかな…w
これで「chestに縁がない」コンビは解消されてしまいましたが
次はdruidのが出るように念じておきます。

で、先日作ったrobeとT1 robeを置き換えると
heal+&mana rgnが下がってしまうのですが
昨晩、raid後に行ったDM Nでの様子からすると問題はないようです。
あの修羅場でもheal(rank2)による永久healができたのでw
そうそう、MC通い当初からからお世話になっていた
lv46のFRつきrobeともお別れです。

これでT1/T2が4つずつになったのでrobe、shoulder以外は
しばらく見送る感じかな。
40manでは鎧と武器以外の部分の充実を目指したいと思います。
[PR]
by banock | 2006-07-15 19:40 | WoW
Lt. Commander
少し間があいてしまいましたが、前回のrank更新で
rogueがrnk10になれました。
AVのbonus weekで実は結構ヒヤヒヤしてたんですがなれてよかった…
で、PvP armorの青setがcomp。
b0039025_1923258.jpg

今までのBG用shoulderが色々な意味でショボかったので
大分マシになったかな。
SSでhelmをoffにしているのは、ヒゲがはみ出るというちょっと嫌な
bugのためです。
前からあるbugのようなので、下手したらずっと直らないかもw

で、rogue用のこのsetなんですが実はagiが全く上がりません。
その代わりACが高めでcrit%、hit%、atk powerが結構上がります。
rogueの方ならこれでお分かりでしょうが
要するにagi上昇に伴う種々の効果からdodge%だけを取り除いた感じですね。
多分、対warでのoverpowerと関連してのことだとは思いますが
小手先で対処しすぎですねえ。
この上のepic setは結局agiモリモリですし。
これに限らずblizは根本的な解決、ということをしたがらないように見えます。

このsetとdarkmantle setを組み合わせて使うことで
altとしては現実的な限界点に達した感じでしょうか。
PvPのrewardはarmorと比べて
weaponがあまりに置き去りになっている(除rnk14武器)ので
この先もう少し追加されるといいなあ。
[PR]
by banock | 2006-07-15 19:14 | WoW
新talent
rogueの新talent案がこちらで公開されたようです。
やはり、というかなんというか気をつけて見ないと
現在のものとの違いが分かり辛いですね。
しかし、imp sapは変更無しのままか…w

ざっと何回か試し振りしてみましたが、hemoを主軸に据えてprepも取るとなると
coldbloodとimp sprint、両方を取るのは難しいようです。
そうなるとどちらを取るか非常に悩ましいのですが、
hemo buildだとcoldbloodはevisにしか使わないですし
evis自体のmiss確率が高いことを考えるとimp sprintの方が使いやすそうです。
prepを使用すればsprintとvanishを2回ずつ、
計4回のsnare、rootを解除できるようになります。
…なんかやり過ぎな気もw

まあ、やっぱり詳細は省きますが、この案のままliveに入るようならば
17/12/22で行ってみようと思います。
[PR]
by banock | 2006-07-11 22:26 | WoW



WoWでの活動記録を中心とした徒然
by banock
カテゴリ
DAoC活動記録
DAoC徒然
WoW
その他のゲーム
徒然
以前の記事
2009年 07月
2008年 03月
2008年 02月
more...
Links
最新のトラックバック
The Molten C..
from WOWぐうたら生活
Stratholme L..
from WOWぐうたら生活
Azuregosさん
from ブリザードの中心でgimme..
MC欠席
from WOWぐうたら生活
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧